千秋佑真/senshu yuma のブログ。千秋のわりには人生で秋はまだ26回目、千秋の中でも駆け出しの方です。

千秋佑真 senshu yumaのブログ。福井県。社会人歴0のフリーランサーです。

最速ブラウザ「Brave」では広告を消せる&仮想通貨を稼げる!

「Brave」っていう、人気上昇中のブラウザ。めちゃ凄いんですよ!
広告ブロッカーという、”広告を非表示”にできる機能がついていて、広告収入のあり方も変わっていくでしょう!
しかも広告が無いぶん、表示速度がはっきり言って最速です。

どのくらい早いか、実際にBraveのHPに書いてあります。
(ChromeとBraveの表示速度を比べたもの)



ここ数ヶ月は自分も50%はBraveを使っています。広告を消せるって最強っすよ。テレポートかよってくらい速度が速いです。ストレスフリー。(でも広告をあえて表示にする設定もあります)

ブロックチェーンが色んなところで活用されるようになってから、ネットは「WEB3.0時代」に突入したわけですけど、このBraveは、まさにそのブロックチェーンを活用したブラウザでですね。
今まで(Web2.0時代まで)のブラウザの王座はIEとかChromeが占めてました。
しかし、Braveはまさに「WEB3.0」時代を代表する次世代ブラウザになると期待されているんです。







1 広告を消してみた


実際にBraveとChromeを使って、広告があるのと無いので比較してみましたん。

試しにこちらの記事を使って比べっこ。
(https://www.excite.co.jp/News/world_ent/
20180221/Techinsight_20180221_476640.html)
シルヴェスター・スタローンが死亡したというデマを、本人が否定したという全米が別の意味で泣いた記事です。


まずはChromeで開いてみる。




ふむふむ。相変わらず広告が邪魔をしてきます。
じゃ次。Brave。



おお。

なんということでしょう。

あの窮屈だった空間が、見事に広々とした快適な空間に。

お母さんを苦しめていたあのスクロールも、見事に軽減されました。

これぞ匠の技。


ちなみにどのくらい広告ブロックしたかというと…




7個ブロックしてました。

でももちろん、上でも少し触れたように、あえて広告を表示するという設定もあります。
ちなみに広告表示設定にすると、そのユーザーはBraveからご褒美がもらえます。





2 Braveを使うだけで仮想通貨「BAT」を稼げる!


Braveでは独自の仮想通貨「BAT」を発行していて、Braveを使うだけで増えていきます。

具体的にどうすれば貰えるのか。

1つは、広告を”表示設定”にして閲覧すると貰えます。(このサービスはまだ開始してません)
広告を非表示にされると広告主は困ります。だから「広告見てくれてサンキュ☆」つーことで、謝礼みたいな感じで貰えます。
だからユーザーは、ネットサーフィンするだけで通貨が貯まっていくという仕組み。

もう1つは、ユーザーからの”投げ銭”です。
ユーザーは自分で持っているBATを、気に入ったサイトやブログに「イイネ!」って感じでBATをあげれるんです。
路上でバスキングとかしてる人にチップを置いていく感じですかね。
これでサイトの運営者はBATを貰えます。



そんなBATなんですが、自分の保有するBATを確認したり入金したりするのは、Braveの設定画面からできます。
設定画面に行くには、まずは右上にあるメニューボタンをクリック。




そして「設定」→「ペイメント」へ。
と、こんな画面が出てきます。




ここに書いてある「毎月の予算」というのが、1ヶ月毎に投げ銭する金額の設定。
投げ銭は自動で行われます。
上の写真なら毎月5.0BATが、その月に閲覧したそれぞれのサイトに、”滞在時間”の割合に従って自動でBATが配分されていくということです。
長ければ長く閲覧したほど、そのサイトにBATが多く投げ銭されるっつーことですな。

「口座残高」は今持ってるBATの残高。
ここから「毎月の予算」で設定した額だけ引き落とされていきます。
上の写真だと僕の口座には10.40BATあるということっす。

オレンジの「入金」ボタンから自分のBraveウォレットに送金できます。

※注意
投げ銭を貰えるようにするには、自分のサイトをSSL化(httpをhttpsに)してBraveブラウザに登録させないといけません。Upholdってサイトでアカウント開設したあと個人認証する(Verified Memberになる)とできます。





3 広告収入モデルが変わる???


広告を非表示にされると、もちろん広告主やサイト運営者は困るわけですが、Braveはそこも考えていて、ブロックチェーンを使った独自の広告収入モデルを考えているっぽいです。

今の広告収益モデルは”プログラマティック広告”といって、「広告主」が「サイト運営者」から広告枠を買うモデル。でもいちいちサイト運営者に「うちの広告載せてっちゃ☆」つって交渉するのは手間なんで、今では仲介屋とかオークション屋さんが大量に広告枠を買い占めていて、「広告主」はそこから自動で一気にたくさんの枠を買い叩ける仕組みになってます。

でもまあ、色々と問題があるわけですよ。
分かりやすい例えだと、「とりあえず記事書きまくって広告貼っときゃ稼げるよね」つって質の低いコンテンツがネット上に溢れたり、不正利用してボットで広告をクリックしまくったり、そもそも広告がユーザーを邪魔したりと。
そんなのが根本的に見直されるきっかけとなりそう。

妄想ですけど、ブロックチェーンは広告主、消費者、クリエイターなどを直接結びつけるので、プログラマティック広告はゆっくり消えると思ってます。
逆に、消えずにプログラマティックの良い部分だけが洗練されて、悪い部分だけが無くなっていくという意見もたくさんあるんですが、ブロックチェーンにはそもそもプログラマティックよりも良い収益モデルを作り出せるポテンシャルがありそうなんで、誰かが何か凄いモデル思いついてプログラマティックは無くなっていくんだろうなあ、と。(妄想っすよ!)


Google先生とかどうするんだろうねー。あそこって広告枠を売りまくって稼いでるから、これからは影響力がどんどん薄くなってくとは思うけど、まだしばらくプログラマティック広告は無くならないと思うし、Googleも簡単にシェアは譲らないよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑↑くりっく応援お願いします :) ↑↑↑

関連記事