千秋佑真/senshu yuma のブログ。千秋のわりには人生で秋はまだ26回目、千秋の中でも駆け出しの方です。

千秋佑真 senshu yumaのブログ。福井県。社会人歴0のフリーランサーです。

記事投稿かイイネすると仮想通貨を貰える「ALIS」がキそう。

日本から期待のできそうな新サービスが、β版(テスト版)を公開しています。
簡単に言うと、

「記事を書いて、イイネされると仮想通貨(ALISトークン)がもらえます。
誰かの記事をイイネすると、はたまた仮想通貨(ALISトークン)がもらえます。」

という仕組みをブロックチェーンで実現したサービスです。
ヒャヒャヒャヒャーーーイ(驚いてる)
これはきそうですね。

そこでは「記事投稿者」も「ユーザー」もALISトークンを稼げます。
そこには今まで足を引っ張ってきた「広告」という概念はなく、完全にピュアな価値だけが横行するという。いかにもWEB新世界といった感じのプラットフォーム。

前回は「Brave」という”脱広告”を掲げるブラウザを紹介しましたが、↓
「最速ブラウザ「Brave」では広告を非表示できる&使うだけで仮想通貨を稼げる!」
ALISはそれと同じ信念を持ったサービスです。
むしろWEB3.0時代ではこういったサービスが主流になってくと予想されます。




とりあえず使おうとしてみた。


さっそくHPに突入。
https://alismedia.jp/ja/

β版に登録しようとしてみました。

んが!
しかし!

現在のβ版の利用枠はもうすでにオーバーしてました。
残念ながら余裕で乗り遅れてました。無念。





この右の「Waitingリストに登録」つーところで、次の利用枠が増えた時に会員になれるみたいです。
事前登録っすね。
ぜひぜひTwitterか何かで監視しておきましょう。

ちなみに左の「クローズドβにアクセス」から、今のβ版サイトを閲覧だけできるらしいっす。
でも記事を書いたりイイネはできないっぽい。

B版はこんな感じ。



UIデザインはすごく意識されていて普通に使いやすそう。

いやー、次の利用枠に入れるか楽しみですなんんんんんんん。



 ALISの仕組み


どうやらALISトークンは、「いいねされる良質な記事を書いた人」と「良質な記事に早くイイネした人達」に多く配分されていくのだそう。

んで、トークンを多く持っていれば持っている人ほど、トークンを貰える量が増えるんだって。
つまり、このプラットフォームに貢献すればするほどいっぱい貰えると。うーん、早く使ってみたい。

肝心のALIS側はどう儲けるのかというと、市場でALISトークンを販売して収益を出します。
ALISを使う人が増えて、ALISトークンの価値が上がれば上がるほど、ALISはトークンを市場で売りさばいて儲けられます。

これからはこんな収益モデルが主流になるのかな?




 ALISの信じる世界。


今のメディアの収入源は、ほとんどが広告です。GoogleとかFacebookとか。
本来の広告は、それに興味がある人にだけ配信されるのが一番いいんですが、今現在では多くの場合でユーザーを邪魔したり不快にさせたりすることがあります。

そして広告の価値は、そのサイトのPV数(訪問数)だけで決められていて、信頼のできない広告でさえもユーザーに届いてしまってます。その他にも”行き過ぎたSEO”ってやつがありますね。PV数を稼ぐために結局はサイトの質が落ちてしまうという本末転倒なことになってたり。

ALISは、「広告収入に依存している今のネットメディアはコンテンツの質を下げている!ネットにはもっと機械じゃなくて人間による純粋な評価が溢れるべきだ!」
という信念を元にプロジェクトを進めています。

そんな彼らの哲学感を見て、これは伸びそうだなと思いました。
ALISトークン、今はまだ安いし保有しておこう。



 国内初の切り込み隊長!


時代はまさに、ブロックチェーン戦争が勃発している新世界「WEB3.0時代」なわけです。
そこに進撃しようとしている国内からの切込隊長、それがALIS!
彼らはなんと”日本初”でICOでの資金調達に成功しました。
その額は4.3億円。そのうちの1億は開始1分で集まったようです。焼肉おごって下さい。

「ICOって何ですか」って人の為に説明しとくと、これは仮想通貨で投資してもらうという新しい資金調達の方法です。
今までの資金調達というのは仲介が入ってめっちゃ手間がかかってたんです。ICOはブロックチェーン技術を使った仮想通貨を使うことで仲介をなくして、スマートにお金が調達できるという新しい調達方法。
つまりスピードが早く場所空間に囚われない、新しい資金調達方法です。

でもこのICO、海外ではすでに主流だったのが、実は日本では2017年末くらいまでICOの実例がなかったんです。
日本はもうだいぶ前から「IT後進国」って言われてて、このままだと先進国から外れるんじゃね?とか言われてるんですけど、それに釘をさすかのようにブロックチェーン技術にも遅れをとってしまってるわけです。

そこに日本の危機を感じたALISは、日本初でICOで資金調達するという切り込み隊長をやってのけました。もう遅れはとらせないぞと。俺についてこいと。先輩かっこいいっす!>_<




はい、そんなノリノリなALISですが、先に述べた通り現在ALISのβ版は登録不可能です。まだ触れないのが残念ですねー。
次のβ版にはなんとかジョインしたいです!

ちなみにこちらはALISのサイトです。
事前登録もここからできます↓
https://alismedia.jp/ja/

ああー焼肉食いたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑↑くりっく応援お願いします :) ↑↑↑

関連記事