千秋佑真/senshu yuma のブログ。千秋のわりには人生で秋はまだ26回目、千秋の中でも駆け出しの方です。

千秋佑真 senshu yumaのブログ。福井県。社会人歴0のフリーランサーです。

【起業】プロジェクト案(ラフ)

紙の上でしかまとまっていないどころか、計画ですらない程度なんですが、今考えているアイデアだけでも一部、簡単に書いとこうと思います。




今のネット上にはですね、本当に無数の評価が散らばってるわけです。

クラウドソーシングや、食べログ、yahoo知恵袋、SNSのいいね、ブログ、airbnb、ポートフォリオサイト、などなど。。

これを評価資本(reputation capital)と呼びます。

しかしここにはある違和感があるはずなんです。

例えば、仮に何かしらの評価資本を持っているとしましょう。それは質問投稿サイトの「yahoo知恵袋」での評価かもしれません。500円でスキルを売買できるクラウドソーシングサイト「ココナラ」での評価かもしれません。僕だったらこのブログを持っています。専門的なことは書いてないですが、ブログ自体は自分でデザイン、コーディングして作りました。立派な資本なわけです。

じゃあ、新たに別のクラウドソーシングサイト「ランサーズ」を始めるとします。

さてここで違和感です。

新しいプラットフォームを利用するにあたって、なぜ今までの評価資本は引き継げないんでしょう。
おかしくないですか?別のプラットフォーム上で積み上げてきた「評価」は、あたかもそこでしか価値がないように振舞っているなんて。


そうです、「プラットフォーム毎に評価が流通していない」というのが今回の問題定義です。


例えば「ランサーズ」でWEB系のスキルを活かしたいとします。
「知恵袋」や「ココナラ」でWEB系の知識を扱って評価をもらっていた場合、その評価は「ランサーズ」でも通用するはずです。
WEBとは関係のないようにも見える「民泊サイト」にしても、そこでもらう評価って内訳として見てみると”対応力”とか”コミュ力”とかあるはずなんです。それも全部「ランサーズ」で通用するでしょう。

それがまた0から評価を集めないといけない。すごく面倒です。確かに「ランサーズ」では、実績などをプロフィールに乗せることができます。でも今や評価資本なんて腐るほどあるというネット世界で、それが一瞬で可視化できないというのは 面 倒 の 極 み です。
そんなこんなで、今の評価システムは根本的に不完全なんです。


僕が今回やろうとしているのは、ネット上でバラバラに独立しているその人の評価資本を、1つに統一させ、一瞬で可視化できるというようなプラットフォームを考えています。

いわばネット上でのその人の名刺がわりというか履歴書代わりというか、「この人の評価を知るならここ!」というようなサイトを作りたいです。もちろん使いたい人だけ使えばOK。

これがもし上手いこと機能してくれれば、評価経済は一気に促進するかもしれません。
評価経済が促進すると、「僕の信じる世界」でも書いたように「1つの企業や1つの権力に依存しなくていい、個人が強く、自由に、豊かに生きれる世界」へと一歩近づくと信じています。

これが今現段階でのアイデア?の一部です。実際のところ話はもうちょっと進んでいます。






でもねー、これ進めば進むほど、かーなーり難しくデリケートな問題にぶち当たってきます。
これ相当難しいことしてると思います。

普通だったらアイデア持っててもこんなブログで嬉しそうにひけらかさないです…笑

なんでって、これ簡単にできたら、皆んなやってるんですね。おそらく。
だからもう思い切って公開しました。

実は、なんとか形にできそうなアイデアはいくつかあるのですが、もうどんな人の意見もお聞きしたいって感じです。
多分ですけど、これのプロトタイプのようなものを作ったら、ユーザーの意見を第一に取り入れる「投票システム」なるものを入れてユーザーと一緒に作っていく感じにするかもしれません。
そのくらい「評価システム」というのは繊細で難しいんです。。。


久々の投稿になりましたが、以上です。
たくさんハードルが立ちはだかっていますが、結構高いので、飛べない所はもう下を上手いことくぐり抜けようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑↑くりっく応援お願いします :) ↑↑↑

関連記事